即効性のあるバストアップ法は美容外科の豊胸術

普段の生活でバストアップ

自分でバストアップできれば、一番理想的ですよね。このページでは、自分でできる身近なバストアップの方法を紹介していきましょう。

まず、みなさんはバストアップに効果的な時期というものをご存知でしょうか?女性には、バストアップしやすい時期というものがあるのです。
バストアップは、女性ホルモンと大きな関係があります。そのため、女性ホルモンが分泌されやすい時期にバストアップを図ると、より効果的にバストアップすることができるのです。
その時期とは、排卵日を中心とした10日間です。排卵日前後の5日間、女性の身体において女性ホルモンが分泌されやすいため、効果的なバストアップを望むことができるというわけです。
とはいえ、この時期に何もしないでいては、バストアップを望むことができません。22時から夜中の2時までという美のゴールデンタイム(この時間に最もホルモンが分泌される)までに就寝し、ホルモンの分泌を促進させましょう。
また、バストアップに効果的なマッサージやストレッチなどを行うのも良いでしょう。胸を冷やさないように心掛け、生活習慣、食生活などに気を使うと、より高いバストアップ効果が望めます。

そして、バストアップには食事も重要です。バストアップには、大豆製品が効果的です。
大豆には、バストアップや美肌に効果的なエストロゲンと同じ成分が含まれています。適度な量を摂取することで、健康的にバストアップを図ることができるでしょう。
この他、高タンパクな鶏肉、食物繊維の豊富なキャベツもバストアップに効果的です。
ミネラルが豊富なアボカド、ハリと弾力のある肌を生成するザクロやキウイなども良いでしょう。なお、口コミサイトでバストアップ効果の望める食べ物を調べてみても良いでしょう。口コミを見ていると、様々な食べ物がバストアップに効果的であることが分かります。是非、口コミサイトに書き込んでいる人の情報も参考にしてみましょう。口コミ情報は、バストアップを題材とした口コミサイトで見れるはずです。
なお、いくらバストアップ効果のある食べ物を見つけたからといって、偏食は禁物です。各栄養素をバランス良く取り入れ、栄養バランスの偏りがないように摂取するようにしましょう。

また、バストアップには、女性ホルモンを意欲的に増やすという方法も効果的です。
女性ホルモンは、バストを大きくさせる一番の要素です。つまり、女性ホルモンの分泌を促進すれば、バストアップできるというわけです。
そんな女性ホルモンは、マッサージやストレッチなどで分泌を促進させることができません。女性ホルモンの分泌を促進させるには、以下の6つの方法が効果的です。
1.高タンパクな食事…上記でもお話したように、大豆製品、鶏肉といったタンパク質の多い食品は、女性ホルモンの分泌を盛んにします。
2.冷え性…前のページでもお話したように、冷えはバストアップの天敵です。女性ホルモンの分泌を促すためにも、入浴などで身体を温めることを心掛けましょう。
3.適度な運動…運動は、女性ホルモンを分泌させるのに必要不可欠です。日常生活に無理のない運動を取り入れましょう。
4.睡眠…女性ホルモンは、22時から午前2時の間に最も多く分泌されます。この時間に熟睡しているのが理想的です。
5.ストレス…ストレスは、女性ホルモンの分泌を妨げます。趣味や好きなことに打ち込んで、ストレス発散をする時間を日常生活に取り入れて下さい。
6.恋…恋愛、セックスは、女性ホルモンの生成を活発にします。恋をすると肌が綺麗になったりするといいますが、これは嘘ではありません。恋をして、バストアップが実現する女性も多いようです。

いかがでしたでしょうか?日常生活において色々と気遣うだけでも、バストアップを図ることが可能です。
バストアップを成功させるため、今一度日常生活を見直しましょう。