即効性のあるバストアップ法は美容外科の豊胸術

美しい胸の鍵は下着と姿勢

あなたが理想とするバストは、どんなバストですか?誰しもが、美しいバストを理想とすることでしょう。
美しいバストには定義があります。美しいバストの定義は、位置、バランス、形という3つの要素が全て整っていること。
まず、「位置」ですが、バストのトップが肩と肘の真ん中にあるのが理想的な位置といえます。
次に「バランス」ですが、首の下と鎖骨の凹みからおよそ1センチところと両胸のトップで正三角形が作れているバランスが理想的と言われています。
最後の「形」ですが、丸いおわん形をしているバストが理想的な形と言われています。
生まれ持って、この位置、バランス、形のバストを持っている方も中にはいるでしょう。でも、そのような方は、非常に稀であるといえます。
また、この理想的な美しいバストを生まれながらに持っていても、日々、きちんとバストの手入れをしなければ、あっという間にバストの形は乱れてしまうでしょう。

どんなに美しいバストを持っていても、年々、バストの形は変わってしまうものです。
銭湯やお風呂屋さんに行って、バストの垂れた中高年の女性を目にしたことはありませんか?
日々、バストを念入りに手入れしないことには、誰でも垂れたバストになってしまいます。
20代の頃、美しいバストの定義に当てはまった素晴らしいバストを持っていたとしても、数十年後には、20代の頃とは似ても似つかないバストへと変化してしまうのです。

では、一体どうすれば良いのでしょうか?
最も簡単な方法としては、下着の付け方にこだわりを持つことです。下着は、毎日バストを包んでいます。よって、正しい方法で下着を着用しなければ、バストの形はあっという間に変わってしまうのです。
ブラをつける時は、決して乱雑な付け方はせず、正しい着用方法でバストへセットしましょう。そうすることで、バストアップ効果も望むことができます。
また、普段の生活もバストを垂れさせてしまう原因となります。例えば、猫背の方。猫背の方は、姿勢がうつむきがちです。うつむきがちの姿勢では、バストも下を向いてしまいます。そのような姿勢で生活し続ければ、バストは常に下を向いた状態になり、垂れてしまうというわけです。また、姿勢が悪いと、バストを支える胸筋も衰えてしまいます。胸筋がなくなれば、さらにバストは下がってしまうでしょう。

美しいバストを保つためには、下着、普段の姿勢が鍵になることを知っておきましょう。